試乗スケッチ

世界一過酷なコースを最速攻略 ルノー「メガーヌR.S.」は一体何が凄いのか (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 「7分40秒1」-。ルノーの「メガーヌR.S.トロフィー」が、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで叩き出した記録である。ニュルブルクリンクは、世界一の過激なテストコースとされている。ドイツの片田舎であるアイフェルの丘陵地帯に刻まれた、全長20.8kmのコースがノルドシュライフェ。通称北コースだ。

 すべてが要求される過酷コース

 いつもは世界の主メーカーがテストコースとして共同で使用している。というのも、総延長20.8kmは、急激な下りや登り区間が複雑に入り組んでいるだけではなく、路面は荒れており、うねりやギャップも少なくない。エスケープエリアは少なく、コントロールを失えば命の危険すらある。ニュルブルクリンクでの24時間のテストは、公道の1年分の走行に値すると言われるほどマシンに過激なストレスが加わる。つまり、コースが過激であるために、マシンの開発には都合がいい。

 同時に、マシンのスポーツ性能を証明するのにも都合がいい。過激なくだり区間は優れたブレーキ性能が求められる。登り区間は、圧倒的なパワーが不可欠だ。複雑なコーナーが入り組んでいるために、俊敏なハンドリングも欠かせない。それでいて、優れた高速安定性がなければ、重大なクラッシュになりかねない。クルマとしての資質のすべてが要求される。つまり、ここでの速さはマシンの優秀性の証明でもあるのだ。

 だからこそ、これまで数多くのマシンがニュルブルクリンクに挑み、最速記録を掲げてきた。日本でニュルブルクリンクのタイムが公式に注目されたのは、「日産スカイラインGT-R(R33型)」が最初だったと記憶している。CMになったキャッチコピーは「マイナス21秒ロマン」。旧モデル「R32型」の最速記録は8分20秒だった。それが前人未踏の8分切り、7分59秒を記録したことを誇り「マイナス21秒ロマン」としたのである。1995年のことである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus