オーダーブックで読み解く外為市場

FRB議長の議会証言に過敏反応も 新型肺炎の評価次第で柔軟な対応が必要 (1/2ページ)

 先週の為替相場は中国人民銀行が大規模な資金供給を実施すると発表したことを受けて、株式市場が底堅い推移となり、市場のリスク許容度が拡大した。これにより、外国為替市場では、安全資産とされる円やスイスフランが弱い動きとなりました。

 先週発表された米国の経済指標が概ね強い結果となったこともこの流れを後押ししましたが、週末にかけては、再び、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの警戒感が強まったこともあり、一服感が出てきて週末を迎えました。

 今週も引き続き新型コロナウイルスに関する報道に注意が必要となりそうです。被害拡大といったネガティブな報道はもちろん、効果のある薬の発見、また、感染被害拡大の影響による景気減速を和らげるための各国の政府、中央銀行の政策の発表といったポジティブな報道にも注意が必要となり、柔軟な対応が欠かせなくなりそうです。

 また、米国ではパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言が予定されています。今後の政策金利に関する手がかりや新型コロナウイルスの感染拡大による影響に対する評価に注目が集まり、内容により、米ドルが過敏に反応することが予想されます。

 このほか、米国の消費者物価指数、鉱工業生産、小売売上高といった経済指標や英国の欧州連合(EU)離脱に伴う自由貿易協定(FTA)交渉、米英関係の悪化懸念等も材料視される可能性があるため、注意が必要です。

 踏ん張れるかどうかに注目

 では、世界中に顧客を持つ外国為替証拠金取引(FX)会社のOANDA(オアンダ)が提供するオーダーブックで外国為替市場の動向を探ってみましょう。

 オーダーブックはOANDAの顧客の取引状況を公開したデータです。顧客の保有しているポジションの取得価格の水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンポジション」と、顧客の未約定の注文の価格水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンオーダー」の2種類のデータから成ります。

 ちなみに、ある通貨を買っている状態を「買いポジション」、売っている状態を「売りポジション」といいます。買いポジションを保有している場合、その通貨の価格が取得価格から上昇したら収益が上がり、逆に下落すると損失が発生します。売りポジションを保有している場合は、取得価格から下落すると収益が上がり、上昇すると損失が発生します。FXでは、それぞれのポジションとは反対の売買を行って決済(損益の確定)をする仕組みとなっているからです。

 先週のドル円は序盤から底堅い推移となり、1米ドル=110円付近まで上昇したところで伸び悩む動きとなりました。

 OANDAのオープンポジションを見ると、底堅い推移が続いたことにより、含み損を抱えた売りポジションが増えましたが、一方で、週末の下押しにより、利益が伸びず、ストレスを抱えた買いポジションも増えており、安値を切り下げる動きとなると、これらの損切りの売り注文が増え、短期的にでも下落が勢いづく可能性にも注意が必要となりそうです。

 上昇基調が続いたため、今週も底堅い推移が続く可能性も考えられますが、1月の高値である1米ドル=110.30円付近の水準を突破できずに下押しが強まるようであれば、下落基調に転じる可能性も浮上するため、今週は踏ん張り、高値を切り上げることができるかどうかに注目したいところです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus