ヘルスケア

中韓530往復が着地変更 成田、関西両空港に

 赤羽一嘉国土交通相は6日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として成田、関西両空港に到着先を変更する中韓からの航空便は、週約530往復の見込みと明らかにした。内訳は香港、マカオを含む中国路線が14空港の約230往復、韓国路線が15空港の約300往復。

 このうち羽田空港から到着先を変更するのが中国路線の約半数、韓国路線の約3割に上る。地方空港では新型肺炎の影響で中国本土を結ぶ路線がほぼ運休しているが、香港、韓国路線は運航を継続している。

 赤羽氏は到着地の変更に関し「水際対策として検疫強化につながる」と説明する一方で、中韓からの旅行者の減少が予想されるとした。国交省によると、中韓からの旅客船で入港停止を要請するのは、韓国・釜山から大阪、博多、長崎・比田勝の3港への週約30便と見込まれる。日中間の旅客船は既に休止している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus