デキる男は住まいから

家庭の防災グッズ、準備よりも大切な3つのこと (1/2ページ)

香村薫
香村薫

 防災用グッズを準備する上で大切な事

 前回、2月24日に掲載した《3月1日は「防災用品点検の日」 避難リュックの中身はそれで大丈夫?》は災害を想定して、避難用リュックに何をどれくらいの量入れればよいか? ということをお伝えしました。準備をすることは必要です。ただ、準備以上に私が大切だと感じていることが3つあります。今回は本当にその時が来た際に避難グッズが使えるようになるために、やっておいてほしいことをお伝えします。

 (1)半年に一度の見直し

 避難グッズは一度用意すると、安心して放置しがちです。これが、残念ながら半年も経過すると中身を忘れてしまうのです。私自身、市販の避難リュックを買って5年、すっかり放置していた経験があります。そろそろヤバイな…と気になり、いざ中身を開けてみると、バンドエイドやウェットシートはカピカピに干からびており、マスクだって衛生的にどうなのか? と不安になりました。飲み物や食べ物も賞味期限切れ。さらに「カセットガス」「乾電池」「ヘルメット」といった、食べるモノ以外にも使用期限があることを知ってビックリしました。そんな期限切れのものばかりを持って避難所に駆け込んだところで何の役にも立たないな、と反省したのです。

 また、冬は必須のカイロや毛布も、真夏ならひんやりシートやうちわがあった方が重宝します。冬は携帯トイレの数を増やしたいですし、夏は水の量も増やしたい。重さを考慮しながら本当に必要なモノを! と、定期的にモノの交換を行ってみてはいかがでしょうか。

 我が家では3月1日と、防災の日である9月1日の年に2回は必ず中身の総点検をすると決めています。これが必ず実施できるのであれば、リュックに入れる水や食べ物も「災害用」という高価な商品ではなく、通常使っているもので事足ります。その結果、コストも低減できますね。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus