ライフ

頭部はっきり、琥珀に眠る 極小サイズの恐竜化石

 極めて小さな恐竜の頭部がはっきりと残る9900万年前の琥珀(こはく)を発見したと、中国地質大などのチームが11日付の英科学誌ネイチャーに発表した。原始的な鳥の一種とみられ、頭部はくちばし部分を入れても長さ1センチあまり。体全体は現生する最小の鳥であるマメハチドリと同じくらいと考えられ、これまでに見つかった恐竜の化石では最小という。

 地層の中で直接化石となるのと違い、琥珀の中では皮膚や羽のような組織が良好な状態で保存されている可能性がある。チームは「古代への窓だ」として、さらに詳しく調べるとしている。

 トカゲのような大きな目を持ち、側面だけを見て、恐らく立体視はできなかった。上顎だけでも40本以上の歯が生えており、下顎も同じぐらいの歯があるとみられる。昆虫などを食べていたという。特徴的な目と歯から「オクルデントアビス」と名付けた。体の小さな恐竜としては、これまで「アンキオルニス」という体長35センチの羽毛恐竜が見つかっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus