ニッポン楽旅事典

秋田・道の駅 おおゆ 希少牛を味わう

 開湯800年の歴史をもつ秋田県大湯温泉にある「道の駅 おおゆ」。ここで売られている「かづの牛だしスゥプ」はこの道の駅のオリジナル商品第1号です。

 年間出荷頭数70頭という希少な日本短角種「かづの牛」の旨味(うまみ)を味わいたい! という想いから、駅員の三上さんが骨とスネ肉を使って考案したものです。さらに麺(めん)担当の柳沢さんが「このスープ、ラーメンにしたらうめぇべや?」と思いつき、いまや大人気のかづの牛だしスゥプ麺が誕生! 濃厚な牛ダシと地元醸造所謹製の醤油(しょうゆ)がクセになる一杯に仕上がりました。

 ラーメン以外も、かづの牛のおいしさを知ってほしいとハンバーグや焼肉、煮込みなどが週替わりで楽しめる「婆のおまかせかづの牛定食」が人気上昇中。デザートは大湯温泉郷の源泉を引いた足湯につかりながら県産生乳製「ミルクソフトクリーム」を。道の駅ゆえに、もちろん県産特産品や新鮮野菜などもあり、お買い物も楽しめます。

関東・東北じゃらん編集長

西尚子

www.jalan.net

 ■道の駅 おおゆは、秋田県鹿角市十和田大湯中谷地19。東北道の十和田ICから12分ほど。営業時間は午前9時から午後6時だが、新型コロナウイルス対策で営業時間の短縮と臨時休業あり。問い合わせは0186・22・4184。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus