ライフ

在庫情報を浜松市が提供 感染拡大影響の生産者支援

 浜松市は新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減り、在庫を抱える農家や食品加工業者らを支援するため、在庫情報をスーパーなど流通業者に提供する事業を始めた。

 市の担当者は「感染拡大による影響への対策で、行政が直接業者を仲介するのは全国でも珍しいのではないか」としている。

 売れ残った在庫に困っている農家らが「商談シート」に品名や賞味期限などを書き込み提出。市が協力を名乗り出たスーパーや輸出商社などに情報提供し、販売につなげる。市民や業者に向け、生産者が情報を書き込める掲示板も市のホームページに設けた。

 外食向けに商品を卸すイチゴ農家らから相談があったのがきっかけ。市の担当者は「新たな商機に結びつけることで需要の急減をカバーし、苦境を乗り切る手助けをしたい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus