ヘルスケア

群馬 新型コロナ 館林の40代女性看護師が感染

 群馬県は25日、館林市に住む40代女性看護師の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。60代男性医師の感染が判明している公立館林厚生病院(同市)に勤務し、感染患者へのケアに当たっていたことなどから、県は院内感染の可能性が高いとみている。県内で確認された感染者は計14人(1人は死亡)となった。

 県によると、看護師は18日に37度台の発熱などがあり、23日に受診後、24日のPCR検査で陽性が判明した。県は看護師の濃厚接触者を調べており、これまでに同居家族の3人が該当することが分かっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus