節約家計簿

コロナで自粛中の飲食店を応援 宅配システム活用

 飲食店は、営業時間短縮や休業要請が全国に広まり、経営が厳しい状態になっています。

 今は近所のお店を応援したくても食べに行けない状況なので、宅配システムで配達してもらいましょう。

 「出前館」や「ウーバーイーツ」は、スマートフォンなどのアプリやサイトから登録すると、配達してほしい場所に配達可能な店舗が表示されます。店舗を選んで注文したいメニューをクリックすれば、即時配達や予約注文ができる仕組みです。配達までの待ち時間の目安や、配達員がどこまで到達しているかが分かるシステムもあり、便利です。配達料は注文する店舗によって違い、配達料無料のところから数百円かかるところまで。ウーバーイーツは、エリアによっては注文金額の10%のサービス料もかかります。

 ウーバーイーツは中小規模のレストランの初期手数料の支払い免除、アプリ内プロモーションの費用負担などを行い、飲食店への負担を軽減する支援を行っています。また、アプリ内に「レストラン支援機能」を追加。1度の注文につき100円分の支援の呼びかけにチェックするだけで、気軽に支援を行えます。

 ウーバーイーツは5月10日まで割引プロモーション(一定額以上の注文をした人には割引がある)も行っていますが、神戸市では独自に7月12日まで2カ月延長し、延長期間の分は神戸市が負担することを決めました。

 「出前館」も「ウーバーイーツ」も、クレジットカードなどでのキャッシュレス決済を行うことができ、配達の商品を玄関先に置く「置き配」も可能になっています。新型コロナウイルスの感染防止を心がけて非接触を徹底するためには、この方法がおすすめです。

 自宅生活で毎日自炊するのもたいへんです。たまにはレストランの味を楽しんで、生活に変化をつけてみましょう。(マネーライター 生島典子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus