受験指導の現場から

「うちの子は家では勉強しない」 休校中にフリーの講師が地域でやれること (1/3ページ)

吉田克己
吉田克己

 梅雨入りまでは我慢の日々か?

 本稿の執筆を始めようとしていた頃、筆者に残念な報せが届いた。5月18日週からの予定となっていた某校での授業スケジュールが、早くても6月15日週からに延期になるという。筆者が、この4月から新任として勤めることが決まっていた学校である。

 同校の授業は、もともと4月20日週の開始予定だったのであるが、緊急事態宣言とその後の各知事からの「5月31日までの休校要請」を受け、約1カ月間の後ろ倒しを2度余儀なくされたことになる。

 緊急事態宣言が発出された時点で、早くても梅雨入りまでは落ち着かないのではないかと考えていたため、さしたる意外感はなかったのだが(後出しのように感じられたら申し訳ない)、結果、筆者にとっては着任が2カ月遅れ、給与の支給も2カ月間の空白が生じることと相成った。他校の仕事にも同様の影響が出ており、正直なところ、休校期間のこれ以上の延長は厳しい。

 一方、学校関係者に目を向けると、東京都多摩地区の公立中の校長が「5月中旬までに学校を再開できれば、夏休みの短縮や土曜日の補習で何とか遅れを取り戻せるが、それ以上は厳しい」と、自治体ごとの教育格差拡大に懸念を示している(4月27日付の産経新聞)。

 休校の長期化で、「9月入学」を巡る議論も活発化し始めた。一部の知事や野党から入学や新学期の開始の時期を9月に変更するよう求める声が出たのを受け、政府も必要な対応を幅広く検討するとしている。筆者も、総論としては9月入学制への移行には賛成であるが、事は教育制度で閉じるものではなく、それこそ「ありき」で議論を進めない限り、早期の決断は難しいだろう。

 休校延長でとくに苦しむのは「孤独」な親たち

 子どものいる家庭に目を向けると、休校要請や緊急事態宣言の延長によって、経済面で最も(さらに)苦しくなるのは、保育園や小学校の閉鎖で働きに出ることができなくなっているシングルマザー(シングルファーザー)家庭だろう。

 「シングルマザーには医療や介護に従事する人が比較的多い」というネットのアンケート調査もある。経済面だけでなく体力的にも精神的にもきつい。であるにも関わらず、ある看護師が帰宅のためにバスに乗ろうとした際、「コロナがうつるから乗るな!」と罵られたり、とある保護者が「親が新型コロナ感染者の病棟で働いている生徒を登校させるな」と学校に筋違いなクレームを入れたり、といった出来事が起こっている。関係者の方々には、こういった理不尽な乗客や保護者に対して、毅然とした態度で臨んでもらいたいと切に願う。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus