オーダーブックで読み解く外為市場

景気減速に米中関係、行動制限緩和…不安と期待が交錯

 先週の為替市場は、方向感の鈍い推移が続く中、欧州通貨がやや弱い推移となりました。新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速への警戒感、米中関係など不安材料が残る中、米欧を中心に行動制限の緩和に対する期待感も高まりつつあり、不安と期待が入り混じる悩ましい状態が続いています。

 今週は米国で消費者物価指数、小売売上、鉱工業生産などの経済指標の発表が予定されています。いずれも弱い結果となることが予想されているため、先週末の雇用統計のように市場の想定ほど悪くない結果となった場合は弱い結果であったとしても、市場がポジティブに受け止める可能性は十分に考えられそうです。

 また、今週は欧州ではドイツや英国で国内総生産(GDP)の速報値の発表が予定されているほか、中国で鉱工業生産等の発表も予定されています。いずれも米国の経済指標同様に新型コロナウイルスの感染拡大により、弱い結果が続くことが想定されますが、それを市場がどのように受け止め、反応するかに注目したいです。

 反発地合いが続くか

 では、世界中に顧客を持つ外国為替証拠金取引(FX)会社のOANDA(オアンダ)が提供するオーダーブックで外国為替市場の動向を探ってみましょう。

 オーダーブックはOANDAの顧客の取引状況を公開したデータです。顧客の保有しているポジションの取得価格の水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンポジション」と、顧客の未約定の注文の価格水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンオーダー」の2種類のデータから成ります。

 ちなみに、ある通貨を買っている状態を「買いポジション」、売っている状態を「売りポジション」といいます。買いポジションを保有している場合、その通貨の価格が取得価格から上昇したら収益が上がり、逆に下落すると損失が発生します。売りポジションを保有している場合は、取得価格から下落すると収益が上がり、上昇すると損失が発生します。FXでは、それぞれのポジションとは反対の売買を行って決済(損益の確定)をする仕組みとなっているからです。

 先週のドル円は、序盤こそ上値の重い推移となり、1米ドル=106円付近まで下押しましたが、後半は反発に転じています。

 OANDAのオープンポジションを見ると、直近の反発により、含み損を抱えた売りポジションが増えており、高値を切り上げる動きとなると、これらのポジションの損切り(損失の拡大を防ぐための決済取引)の買い注文が増え、反発地合いが強まる可能性が考えられます。

 ただし、買いポジションの比率が60.7%と多い状況であるため、上昇したところでは、買いポジションの利益確定の売り注文も増え、伸び悩む動きとなる可能性にも注意が必要となりそうです。

 ユーロドルは先週後半の価格レンジに注目

 先週のユーロドルは、前半は上値の重い推移が続き、1ユーロ=1.07米ドル台中盤まで下落しましたが、週末にかけては反発に転じ、1ユーロ=1.08米ドル台を回復する動きとなりました。ただし、1.08米ドル台後半では上値が重く、方向感を欠く状態が続いています。

 OANDAのオープンポジションを見ると、先週後半から続く1ユーロ=1.0765-1.088米ドルの価格レンジで構築されたポジションが多く、価格がこのレンジを上下に抜け出すと苦しくなった売買のいずれかのポジションの損切り注文が増え、方向感が出てくる可能性が考えられます。

 また、売買のポジション比率は買いポジションが60.7%と買いポジションに傾いており、反発に転じると考えるトレーダーが多いですが、予想が外れ安値を切り下げる動きとなると、これらの買いポジションの損切りの売り注文により、下押しが大きくなる可能性が考えられそうです。

 ポンドは1.225-1.250米ドルのレンジ

 先週のポンドドルは、前半は上値が重く、直近のサポート水準の1ポンド=1.225米ドルに迫る動きとなりましたが、後半は反発に転じ、1ポンド=1.25米ドルに迫る水準まで戻す動きとなりました。

 OANDAのオープンポジションを見ると、先週の価格レンジである1ポンド=1.225-1.250米ドル付近のレンジで構築されたポジションが多く、価格がこのレンジを上下に抜けると売買のいずれかのポジションの損切りの注文が増え、方向感が出てくる可能性が考えられます。

 ユーロドル同様に買いポジションの比率が大きく、下抜けた場合の方が大きな動きとなる可能性が考えられます。

 また、1ポンド=1.25米ドルの水準を上抜けた場合は上値を2回おさえている1ポンド=1.2650米ドル付近の水準を突破できるかどうかで上昇基調継続の可能性を探っていきたいところです。

〈OANDAのオーダーブック〉

オープンポジションはここに注目

 相場を動かす要因の一つは損切り注文といっても過言ではありません。

 これ以上損失を増やしたくないトレーダーは保有しているポジションの反対売買を行い、損失を確定させ、市場から退出します。

 例えば、価格が下落する局面では、買いポジションの保有者が苦しくなり、損切り注文(決済の売り注文)が出やすくなり、下落圧力が強まる要因となります。

 損切り注文は価格の向かう方向と同じ方向へ力が加わる注文となるため、損切り注文が多くでる場面では、短期間に相場が大きく動きやすくなります。

 オープンポジションを見ると、どの水準に含み損を抱えたポジションが多いかを視覚的にチェックすることができ、次にどちらに動いた方が、価格の動きが大きくなりそうか(損切り注文が多く出そうか)を予想することができます。

オープンオーダーはここに注目

 前述の通り、損切り注文が増えると、一方向への力が強まるため、価格の動きが勢いづくことがあります。

 オープンオーダーを見ると、どの水準にどの程度の注文(オーダー)が入っているかを視覚的に素早くチェックすることができます。

 損切り注文が多く入っている水準に到達すると、価格が短期的にでも勢いづくことがあるため、注意が必要です。

世界中のトレーダーの相場分析のサマリー?

 トレーダーが損切り注文を入れる水準は、通常は、チャートで相場分析を行なった上で、「この水準を超えてしまったら、相場の流れが逆方向に向かう」と考えた水準に入れます。

 OANDAのオープンオーダーは、世界中のトレーダーが相場分析を行った結果のサマリーと言っても過言ではありません。

 これを見れば、世界中のトレーダーがどの水準に注目し、相場の転換点となると考えたかを簡単にチェックできます。

※逆指値注文:現在の水準よりも不利な水準を指定して行う注文。通常、損切り注文はこの逆指値注文を使います。

本記事に掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

OANDA Japan株式会社

第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号

加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 証券業協会 日本投資者保護基金

OANDA FXラボ編集部
OANDA FXラボ編集部 OANDA Japan株式会社
世界各国に拠点を持つFXブローカー
1995年に世界で初めてインターネットを利用した無料の外国為替レート情報の提供を開始したOANDAの日本法人。創業当初から、正確で透明性の高い優れた為替レートを提供するため万全のインフラを整え、取引環境の改善を行ってきた。現在では世界8カ国にオフィスを構え、そのサービスは世界中のトレーダーに利用されている。

【オーダーブックで読み解く外為市場】はOANDA FXラボ編集部が投資判断の参考として外国為替市場の動向を読み解く連載コラムです。更新は原則毎週火曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus