ライフ

避難所ホテル1200カ所確保 新型コロナ対策で武田防災相

 武田良太防災担当相は16日の記者会見で、災害発生時の新型コロナウイルス感染症対策で、避難所として利用できるよう準備を進めていたホテルや旅館が全国で約1200カ所となったことを明らかにした。地域的な偏りがあるとして、さらに確保を進める考えも示した。全国にある各省庁の約930カ所についても避難所として貸し出し可能との状況も明らかにした。

 武田氏は、人口密集地域と過疎地域で確保状況に差があることを認め、「施設が少ない地域の対応も含めて、どう避難所を確保するかということについても取り組んでいく」と述べた。

 小中学校などの指定避難所は「密集、密閉、密接」の3つの密が重なりやすく、内閣府は4月、宿泊業界と連携し、ホテルや旅館などを高齢者など感染リスクの高い人や発症の疑いがある人の避難所として活用する対策を示した。5月27日時点では全国約300カ所だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus