ライフ

NHK受信料、6年ぶり減収 消費増税など影響

 NHKは23日、令和元年度の決算を発表した。受信料収入は7115億円(前年度比6億円減)で、6年ぶりの減収。「消費増税による実質値下げや学生への免除などの負担軽減策に伴うもので、新型コロナウイルスの影響はない」という。受信料の支払い率は82・8%で過去最高となった。

 土地売却などの影響もあり、事業収入は前年度比51億円増の7384億円と過去最高を更新。放送費などの事業支出は同102億円増の7163億円だった。新型コロナによる番組制作の中止に伴い約33億円の支出減となった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus