試乗スケッチ

RAV4のPHVにちょっと呆れた? 都合の良い“わがままSUV”誕生 (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 「RAV4にPHVモデルが加わった」。この情報を耳にしたとき、一抹の不安を抱いた。プラグインハイブリッド、つまり、家庭用のコンセントからでも充電が可能なプラグイン機能を追加したハイブリッド車をリリースすることで、せっかく高く評価されている新型RAV4のイメージを崩すのではないかと心配したのである。

 好調な販売に水を差さないだろうか

 昨年デビューした新型RAV4は、より一層クロスカントリー色を濃くして登場した。ボディデザインはタフな印象が強く、河原や泥濘地を踏破するようなラフロード性能の高さを想像させたし、実際にプロモーションツールでも、荒れ地を突き進むイメージ展開をしていた。そんなオフロード色の強いSUVに、経済性や環境性能をイメージさせるPHVを追加することは、せっかくの好調に水を差さないものかと心配したのである。

 だがそれは、杞憂に終わりそうな気配である。というのも、新たに加わったRAV4PHVは、大きなバッテリーを搭載し、大電力を発揮する。それはすなわち、財布と緑に優しいだけのPHVではなく、強烈なモーターパワーを得たことを意味するのだ。

 与えられたキャッチフレーズは「E-Booster」だ。「E」の意味するところは「Enjoy」が含まれる。前後にビッグパワーのモーターを搭載、システム出力225kWのパワーを路面に伝える。プリウスのモーターを大幅に超える18.1kWhもの大電力を誇る。306psものパワーを得たのである。

 実際に走らせても、その力強さには驚かされるばかりだ。EVモードでの航続可能距離は95kmに達する。速度が140km/hになっても巡航可能である。日本のハイウェイならば、電気モーターだけでクルーズできるというのだから恐れいる。ハイブリッドモードの0-100km/h加速は6.0秒という。半端なスポーツカーならば置き去りにしてしまうほどのスタートダッシュなのである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus