デキる男は住まいから

コロナ禍で夫が買い出しに行く機会増加? 大型スーパーを効率よく回るコツ (2/2ページ)

香村薫
香村薫

 3.フードコートで軽く休憩し、返信を待つ

 コストコの新商品は一期一会。「こんな商品が出ていたけどどうかな?」は写メして妻からの返信を待ちたいところですね。そこで、一度外に出てフードコートで休憩をはさんで買うモノを再考してはいかがでしょうか?

 ここで、もし妻から返信が無くてもご安心ください。コストコには返品サービスという制度があります(年会費4400円にこのサービスが含まれています)。食べかけの商品、返品時に賞味期限が切れていたとしても返品可能という制度なのです。もちろん各自の秩序が求められますが、万が一間違えて買った場合は次回来店時に返品することができるのは安心材料ですね。ここまででざっくり1時間を目指しましょう。

 4.大型カートを率いて再度入店、一気に購入

 最後に一度お店の外に出て、今度はカートと共に再び入店。今回は買うと決めたモノだけをひたすらカートインしてお会計。ここを30分程度で切り上げられるとよいですね。

 効率よく90分以内でコストコでの買い物を終えることができれば、自分も疲れることなく家族もハッピーになること間違いナシです。

香村薫(こうむら・かおる)
香村薫(こうむら・かおる) 片づけの専門家
ライフオーガナイザー
大学卒業後、トヨタグループ会社に入社。そこで学んだトヨタメソッドを家事に応用した「トヨタ式おうち片づけ」を提案。片づけサポート業務「ミニマライフ」を起業。全国での講演活動、個人宅での片づけサポートを行う。著書に「トヨタ式おうち片づけ」「トヨタ式超ラク家事」(ともに実務教育出版)「トヨタ式家事シェア」(主婦の友社)がある。NHKをはじめTVや新聞・雑誌などメディア出演多数。

【デキる男は住まいから】は株式会社ミニマライフ代表取締役で、ライフオーガナイザーの香村薫さんが、トヨタ自動車のグループ会社で学んだメソッドを家事に応用し、ビジネスパーソンが今すぐ実践できる「家事シェア」のノウハウなどを伝授するコラムです。更新は原則隔週月曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus