ヘルスケア

東海道新幹線車掌が感染 マスク着用、濃厚接触なし

 JR東海は31日、東海道新幹線の20代男性車掌が新型コロナウイルスに感染したと発表した。車内で切符の検札や巡回をしていたが、マスクを常に着用しており、乗客との濃厚接触はない。東海道新幹線では男性運転士の感染が判明しているが、関連性はないという。

 JR東海によると、車掌は23日の勤務中に頭痛、24日の勤務終了後には37・8度の発熱があったため、医療機関を受診した。最初のPCR検査は陰性だったが、30日に味覚異常を感じ再検査した結果、陽性が判明した。

 21日は東京-新横浜間で「のぞみ」など上下14本、22~24日も東京-新大阪間などの上下計7本に勤務した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus