試乗スケッチ

新型アコードをどう評価すべきか 見える戦略的苦悩、ホンダらしくない (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 新型アコードが今年2月、日本に導入された。ホンダの正統派セダンとして1976年にデビューしたアコードは、現行モデルで10代目となる。新型も同様に、多くの販売増が期待されている。とはいうものの、首をかしげざるを得ないポイントも少なくない。

 戦略的な苦悩と決断

 この新型アコードは、実は2年半前の2017年秋には完成している。アメリカ市場ですでに販売されているのである。当初はガソリンモデルだけのデビューだったが、後を追うように追加されたハイブリッドも2018年にはアメリカの地を走っている。そればかりか、世界最大のマーケットである中国でも販売され、生産工場のあるタイでもデビューを終えている。本家である日本が2年半遅れで導入されるという特殊なケースなのだ。

 ボディスタイルも特徴的である。これまでの、正しく整った3ボックススタイルを捨てた。新型はスラントしたリアエンドが印象的な4ドアクーペとなってお披露目となったのだ。イメージチェンジに挑んだことは明らかである。

 実はこのあたりに、アコードの戦略的な苦悩と決断が確認できる。つまり、すでに日本はアコードにとって魅力的なマーケットではなくなったということだ。特にアメリカへの輸出依存度の高いホンダは、まずもっとも大切な、つまり台数が稼げるアメリカに投入する手法をとった。さらに中国に期待してアジアの拠点としてタイを選んだということである。

 できれば世界同時デビューがプロモーション的には華々しく、存在感あるインパクトが期待されたのだろうが、生産の都合により、つまり、一度にたくさんのアコードを生産できないという事情により、日本市場は後に回されたのだ。ちなみに、今回日本仕様となったアコードは、ハイブリッド仕様のみの設定である。バッテリー供給がネックになったのだと想像する。

 大衆車の主流がセダンからSUVへ移り変わったことも、アコードの日本市場投入を遅らせた理由と無縁ではない。SUV人気は世界的な潮流である。しかも日本はその傾向が顕著である。アコードが属するミドルセダンの販売は強い傾斜で右肩下がりである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus