ヘルスケア

小笠原の島、PCRで守れ フェリー乗客にコロナ検査

 東京都は11日、離島の新型コロナウイルス対策として、小笠原諸島・父島(小笠原村)へ向かうフェリーの乗客に対するPCR検査を始めた。竹芝客船ターミナル(港区)で乗船前に唾液を採取し、出発後に結果を通知。陽性の場合は船内で隔離し、到着後に自衛隊機で本土まで搬送する。

 父島は都心から南に約千キロ離れており、唯一の交通手段のフェリーで24時間かかる。従来実施してきた乗船前の検温に加え、無症状者を早い段階で発見し感染拡大を防ぐのが狙い。検査は任意だが、都は全ての乗客に協力を求める。無料。

 正しい結果を得るためには、検体採取の2時間前から飲食、喫煙、歯磨きを控える必要があるという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus