ライフ

列島酷暑、群馬・伊勢崎市と桐生市で全国最高40.5度を観測

 日本列島は11日も本州を中心に広く高気圧に覆われ、午後には群馬県伊勢崎市や桐生市で気温40・5度に達し、今年の全国最高を更新した。40度台の観測は今年初めて。

 気象庁によると、高気圧の周縁部から流れ込んだ熱い風に加え、日中の強い日差しが気温上昇に拍車を掛けた。12日の予想最高気温は静岡市を38度、さいたま、甲府、岐阜の各市を37度、名古屋、京都、奈良の各市を36度としている。

 11日は北海道や東北、伊勢崎市を含む関東の計25地点が観測史上の最高気温を記録した(タイ記録を含む)。宮城県丸森町で37・1度、北海道の大空町で36・9度、足寄町で36・6度、青森県八戸市で35・5度をそれぞれ観測し、道と両県で今年初の猛暑日となった。他に埼玉県鳩山町で40・2度、東京都青梅市、茨城県古河市、栃木県佐野市で39度に達した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus