ヘルスケア

不妊治療の保険適用導入に要する期間 菅氏「早くて2年」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は9日夜の日本テレビ番組で、不妊治療の保険適用の導入までに要する期間について「早くておそらく2年ぐらい」との見通しを示した。「現在、どこの部分を(保険適用の範囲に)するかなどを調査している。最終的には時間が1、2年かかる」と述べた。

 また、導入までの間、不妊治療を希望する人を支援するために、現行の助成制度を手厚くする考えも示した。

 一方、衆院解散・総選挙については「国民が望んでいるのは、新型コロナウイルス対策をしっかりやってほしいということではないか」と述べ、早期解散には慎重な姿勢を重ねて示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus