株・投資

高所得者ほど格安SIM 長年iPhone愛用の経済評論家がいま「Android派」なワケ (1/2ページ)

 スマホ代を節約するにはどうすればいいか。『圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100』(KADOKAWA)を出した経済評論家の勝間和代氏は「Androidの最新機種はiPhoneより安く、使い勝手もいい。さらに通信回線を格安SIMにすれば通信費は毎月1000~2000円にできる」という。(※本稿は、勝間和代『圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。)

 高所得者層に格安SIM利用者が多い理由

 スマホというとまず、ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯会社(通称、大手キャリアや三大キャリア)を思い浮かべますよね。その大手から通信設備を借りて、格安SIMを提供している事業者をMVNO(エムブイエヌオー/Mobile Virtual Network Operatorの頭文字)と言います。ソフトバンクグループは独自の格安スマホブランドのワイモバイルで、格安SIMを提供しています。

 MMD研究所という機関の調べによると、2020年3月現在で、MVNO利用者は14%強いて、ワイモバイル利用者を合わせると、格安SIM利用者は20%強になります。どういう人が利用しているかというと、格安だから経済的な余裕がない人が多いのかと思いきや、実は逆なんです。高所得者層ほど、格安SIMの移行割合が高いことが調査でわかっています。

 理由は2つ分析されていて、1つは格安SIMを使う場合、端末を一括購入する必要があるためです(分割購入もできなくありませんが、手続きが面倒臭い)。2つ目は、事業者を自分で調べて選んだり、回線の切り替えをするなど、ある程度ITリテラシーがないと移行できず、ITリテラシーが高い人は高所得者に多いため、と言われます。

 格安SIMに移行しないのはもったいない

 さて、この格安SIMに移行すべきかどうかですが、私は移行すべきで、移行しないのはもったいないと思っています。

 実際に、私は2年ぐらい前から格安SIMにしています。今は携帯を2つ使っていて、OPPOとファーウェイの携帯に格安SIMを1枚ずつ入れて、片方だけ音声通話ができるようになっています。娘は音声通話ができるものを1枚使っていて、3枚合わせて支払うようになっていますが、3枚で月々いくらだと思いますか? 3000円ちょっとだけなんです。

 携帯はデータ通信料以外、1000~2000円

 格安SIMの問題点を一つ挙げるとすると、朝と夜の通信速度が朝と夜だけ遅くなることです。要は、みんなが多く使う時間帯です。遅いといっても1メガぐらいは出ますが、遅くなるのが嫌な人はデータ通信と音声通信を別の会社で契約するといいでしょう。

 私は、データ通信はデータ通信専用の会社にしていて、月々5000円払って200ギガ契約をしています。どこかに出張に行ったときなど、どんなに使ってもデータ通信は一日5ギガぐらいです。普段はどんなに使っても5ギガを超えることはないので、200ギガあったら家でも外でも通信量を気にせずに、使いたい放題できます。

 NETFLIXもYouTubeも、バンバン見ています。これが100ギガだと、結構足りなくなるようです。実際に100ギガにした人に聞くと、200ギガにすればよかった、という話をよく聞きます。

 いずれにしても、携帯電話料金というのはデータ通信以外、月々1000円ぐらいで、かかっても2000円だと思ってください。もし今大手キャリアで、月々8000円とか1万円払っていたら、払い過ぎていると思うので、契約を見直すことをお勧めします。

 具体的に、どういう格安SIMにすればいいかというのは、ウェブでたくさん載っています。それでもよくからないときには、家電量販店に行くと全部丁寧に教えてくれます。その際、iPhoneユーザーの方はぜひ、Android機種の売り場も覗いてみてください。

 2万円以下のAndroidでも12万円のiPhone10に劣らない

 今私はOPPOとファーウェイの携帯を使っていると前述しましたが、以前の私は、かなりちゃんとしたiPhoneユーザーでした。iPhone3から始まって、5、7、10まで使っていたので、2017年ぐらいまではiPhoneユーザーでした。

 ところが、2018年にGoogle Homeを買って、Googleの技術力の凄さを知ってしまったんです。アレクサやSiriだと全然答えられない質問も、Google Homeはバシバシ答えてくれました。

 それで、ひょっとしてAndroidも同じくらい優秀なのかな、と思ったわけです。Googleが作っているOSなので、技術力に差があるのかもしれない、という仮説を立てました。また、私はRemote Mouseという音声入力ソフトを使っていて、それがAppleのOSのiOSだと使いにくさを感じていました。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus