デキる男は住まいから

銀行口座とクレカをミニマムにしたら思いがけず給料2カ月分が手元に (1/2ページ)

香村薫
香村薫

 突然ですが、皆さんはクレジットカードや金融機関の口座をいくつ持っていますか?

 日本クレジット協会の調査によると、一人当たり2.7枚のクレジットカードを保有しているのだそうです。通帳に関しては、7割程度の利用者が1~3つの金融機関を使い分けており、4つ以上を稼働させている利用者は1割程度しかいない、というNTTデータ経営研究所の調査結果があります。

 クレカも通帳も、自分が管理でき稼働しているならいくつ持っていてもよいでしょう。ですが、私自身はしっかりと管理できていなくて気になっている口座もありました。そこで今回は、家にあるクレカや通帳、ポイントカードなどをミニマムにする手順をご紹介します。

クレジットカードの数を見直す 年会費無料とばかり…

 まずはクレジットカードの見直しから始めましょう。

 昨今、不正利用に関するニュースが相次いでいますので、クレカは自分で管理できる数に絞ることをおススメします。先に述べた日本人の平均枚数を参考にするなら、クレカは夫婦それぞれ3枚に絞るとよいですね。

 我が家は夫婦で9枚保持していたので、結果として3枚のカードを解約することにしました。お恥ずかしながら、年会費無料だと思い込んで18年間一度も利用が無く、年齢と共にいつからか年会費が発生していたことが判明。

 解約の方法は非常に簡単で、音声ガイダンスのみで解約できるところもあります。場合によってはオペレーターにつながることもありますが、いずれも10分以内で終わります。

金融機関の口座を見直す …解約してびっくり

 続いて金融機関の通帳や口座の見直し方です。 

 現状いくつの通帳をお持ちでしょうか? 我が家には合計10枚(+子ども各1枚)の通帳がありました。

 ここで一度家族会議を行い、方針を決めることをおススメします。我が家ではこのような方針を設けました。

  • 必ず月に1度は稼働させる(通帳記入もしくはネット明細をチェックする)
  • それぞれの口座の使用用途を明確にする
  • もしもに備えて暗証番号などを夫婦で共有しておく
  • ネット銀行についてはセキュリティ強化のために月に一度パスワードを変える

 これらを実践するためにも、所有する口座の数を厳選されるとよいですね。

 我が家の場合は、

  • 夫…信用金庫、都市銀行、ネット銀行
  • 私…ゆうちょ、都市銀行

 の5つに絞りました。

 基本はやはり店舗に出向いて口座を解約。結構待たされるので、時間はそれぞれ30分程度です。

 残高はそれぞれ数百円~数千円だと思っていたのですが、解約手続きをしてみて驚きました。

  • ◆以前の職場の給与振込指定口座
  • ⇒最後の給与が振り込まれていた
  • ◆子どもが通っていた幼稚園の月謝引き落とし指定口座
  • ⇒多めにお金を入れておいたことを忘れていた

 と、すっかり忘れていたお金が入っていたのです。すべて合わせると、給料の2カ月分に相当する額でした。朝から銀行などを3軒をはしごし非常に疲れましたが、その苦労も報われたといえるかもしれません。なお、解約時には通帳・キャッシュカード・印鑑が必要になりますのでご持参くださいね。

 そして、やっかいなのが、遠方にある休眠口座の解約です。

 休眠口座とは10年以上(ゆうちょの場合は5年以上)入出金していないまま放置している口座のことを指します。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus