ゆうゆうLife

「介護を身近に考える」 女優で映画監督の黒木瞳さん (2/2ページ)

他人に頼る難しさ

 母を亡くした年や当時の母の年齢は記憶にないという。「私はある意味では(母の死を受け入れられない)子供なのかもしれません。ただ、両親は『死』というものの本当の意味を教えてくれました」。

 こうした経験からも「困難なとき、他人に頼るのは実はとても難しいこと」だと実感している。「でも介護職の方たちに『頼っていい』と教えてもらった。私もいつか、介護をする、あるいはされるほうになる。もっと学ばなければと思っています」。

     

利用者の笑顔 やりがいに

 オンライントークイベントには、黒木さんのほか、2人の介護福祉士が参加。10年間の介護経験を持つフリーアナウンサー、町亞聖さんの進行のもと、やりがいや楽しさ、家庭との両立などについて語り合った。

 サービス付き高齢者向け住宅「SOMPOケア そんぽの家S大泉北」(東京都練馬区)でケアコンダクターを務める下田悦子さん(49)は3人の娘を持つ母。育児が落ち着いた5年前、初めて介護の仕事に携わった。「最初は排泄(はいせつ)ケアができるかどうか不安だったけれど、やってみたら意外と大丈夫でした」と笑う。「利用者さんの笑顔が見られること。『あなたの顔を見るとほっとする』と言ってもらい、本当にやっていてよかったと感じる」とやりがいを語った。

 一方、小規模多機能型居宅介護事業所「ヘルスケアタウンむかいはら」(板橋区)の介護課長、矢新道子さん(61)は27年のキャリアを持つベテラン。印象に残る出来事として、現在の職場で出会った高齢男性のエピソードを明かした。

 男性には認知症などによる行動障害があり、家族も疲弊。だが、その人生に寄り添ってチームでケアを続けるうちに状態は落ち着き、笑顔も見られるようになった。

 「『ここが自分の居場所』と思ってもらいたかった。やがて成人式を迎えたお孫さんが訪ねてきてくれたときの笑顔が忘れられません」

 ライブ配信は午後と夜の2回行われ、視聴者からは「介護の仕事は、提供者も利用者も双方向で感謝の気持ちのキャッチボールができる仕事だと知った」といった感想が寄せられた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus