ヘルスケア

コロナワクチン7割「受けたい」

 日本感染症学会などは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けたいと答えた人が、約7割に上ったとのアンケート結果を発表した。集計に関わった四柳宏・東京大医科学研究所教授は「接種したいと考えている人が多い。国民の強い関心がうかがえる結果だ」と評価した。新型コロナのワクチンができた場合、「とても受けたい」と答えたのが30.2%、「やや受けたい」が39.0%で、合わせて約7割を占めた。「あまり受けたいと思わない」が21.8%、「全く受けたいと思わない」が9.0%だった。アンケートは10月、首都圏に住む20~60代の計1000人に実施した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus