クルマ三昧

高いレベルで拮抗した「日本カー・オブ・ザ・イヤー」で誰もが認めた”大賞” (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

栄冠に相応しい完成度の「レヴォーグ」

 「2020年-2021年日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定した。2019年11月1日から2020年10月31日までに日本国内において販売された乗用車を対象に、選考委員を務める専門家が投票。最高得点を獲得したモデルがその年の栄冠に輝く。

 日本カー・オブ・ザ・イヤーが日本車だった場合、海外メーカーで最も高い得票を積み重ねたクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。輸入車がすべてのクルマを抑えて最高得点だった場合は、それが輸入車であっても日本カー・オブ・ザ・イヤー・カーとして表彰される。近年ではボルボの2年連続受賞が記憶に新しい。

 4つの部門賞も設定されている。「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」、そして軽自動車から選出される「K CAR オブ・ザ・イヤー」である。

 選考は、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が認めた選考委員の投票による。選考委員は日頃から知見を高め、数多くの車に触れていることが条件となる。公平に投票しなければならない。つまりは、自動車ジャーナリストとして活動しているメンバーの中から選考委員に選出されることが多いのだ。

 日本カー・オブ・ザ・イヤーの栄冠はスバル「レヴォーグ」の頭上に輝いた。新しいプラットフォームを開発し、水平対向4気筒エンジンにもメスを加えた。なにより、高度安全運転支援システムである「アイサイトX」を設定したことも評価された。GPS(衛星利用測位システム)や準天頂衛星システム「みちびき」からの情報を活用するなど、まさに日本で最も権威のあるプライズに相応しい完成度なのだ。

 次点はホンダ「フィット」、3位がトヨタ「ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス」である。総合得点で4位になったプジョー「280/e-208」が、規定により「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus