試乗スケッチ

”ランエボ“譲りの走破性 野山駆けるSUV三菱「エクリプスクロスPHEV」 (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

駆動力制御のキーパーソンの存在

 三菱「エクリプスクロス」にPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが加わった。いま日本で最も活況を呈しているコンパクトSUVであるエクリプスクロスは、2年前にデビュー。1.5リッターターボの内燃機関を搭載したモデルで攻勢をかけていたのだが、今回新たにPHEVをラインナップに投入。力強い商品力を得ることになった。

 三菱は量産EV(電気自動車)の先駆者である。世界初の量産EVである「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を発売し、世間をあっと驚かせた。すでに市場に投入、ミドルサイズPHEVのベンチマークとなった「アウトランダーPHEV」は高い評価を得た。電動化にはただならぬ技術を有しているのだ。その三菱がエクリプスクロスにPHEVを投入したことは、環境保全が叫ばれるいま、エポックメイキングな出来事なのである。

 期待が集まるエクリプスクロスPHEVを試乗するため試乗会場に向かったのだが、そこで僕を待ち受けてくれたのは、三菱自動車EV・パワートレイン技術開発本部チーフ・テクノロジー・エンジニアの澤瀬薫氏である。澤瀬氏は、4輪駆動力制御で博士(工学)号を取得しており、三菱の駆動力制御の肝を担う人材である。かつて僕も、澤瀬博士が陣頭指揮をとった「ランサーエボリューション」のレースカードライバーとして戦い、一方で車両開発の手伝いをさせていただいた関係である。

 エクリプスクロスPHEVの試乗会場で澤瀬博士を見かけた瞬間に、事態が読めた。エクリプスクロスPHEVは確かに充電可能なハイブリッドモデルであり、環境性能や経済性に優れたモデルであることに疑いはないが、高度な4輪制御技術が投入されていることも想像に難くなかったのである。

絶えず最適な駆動力を配分

 エクリプスクロスPHEVは、前後にモーターを搭載し、前輪と後輪の駆動力配分を見事にやってのける。複雑なロジックによりコンマ1秒以下の微細な領域で制御が繰り返されている。よって、場面ごとの制御をひとことで説明はするのは不可能だ。だが、大雑把にいえばこうなる。

 たとえばコーナリング中、もっと曲がりたいとする。その瞬間、フロントの駆動力を高めてフロントノーズを進路に向けて引き込む。とはいうものの、場面によってはフロントの駆動力が旋回性を邪魔する瞬間もある。その際には瞬時に駆動力を抑えて旋回性を助ける。もちろんそれが前後で行われている。というように、絶えず最適な駆動力配分をしているのである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus