ヘルスケア

河野氏のワクチン確保見通し修正「真意を確認中」 坂井副長官

 坂井学官房副長官は22日午前の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン確保の見通しをめぐり、6月までに全国民分の確保を見込むとした坂井氏の発言を河野太郎ワクチン担当相が修正したことについて「発言の趣旨を確認中だ」と述べた。

 坂井氏は「(発言内容を)ペーパーで取り寄せたが、河野氏の発言の趣旨、真意を確認中だ。いずれにせよ、ワクチン確保は大変重大な課題であり、全力を尽くす」と語った。

 坂井氏は21日午後の記者会見で「今年6月までに接種対象となる全ての国民に必要な数量の確保を見込んでいる」と述べた。

 これに対し、河野氏は22日午前の記者会見で「情報の齟齬(そご)があった」として坂井氏の発言を修正。「政府内で齟齬がないように、今後きっちり徹底していきたい」と陳謝した。齟齬が生じた理由については「古い情報が紛れ込んだ」と説明した。

 政府はこれまで今年前半までに全国民分のワクチンを確保するとの見通しを繰り返し示していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus