ヘルスケア

「日本とはレベルが違う」 中国人に春節帰省を諦めさせる北京政府の大重圧 (1/2ページ)

 中国でも「年末帰省」は自粛ムード

 「もう丸1年も両親に会っていないので、自分は今のところ帰省するつもりでいるんですが、もしかすると、出発直前になってキャンセルする可能性も出てきました。中国ではいつ、何が起こるか分からないですし、もし実家がある都市で、私が滞在中、急にロックダウンなんていうことになったら……。両親も私のためを思ったり、世間体を気にしたり、苦悩しているようです」

 春節が10日後に迫る2月初旬、上海の外資系企業に勤務する20代の独身男性に春節の予定を聞いてみたところ、こんな返事が返ってきた。大みそかに当たる2月11日から1週間、春節休暇で実家に帰る予定で航空券の予約をしていたのだが、1月末に両親からかかってきた電話により、帰省するかどうか、迷いが生じているという。

 電話の内容というのは、両親が住むマンションがある地区の居民委員会(町内会のような住民組織)から両親への連絡で、もし、春節期間中に外部都市から帰省する親族がいる場合、その親族はPCR検査の陰性証明を必ず取得するように、との通達があったというのだ。

 「民族大移動」が今年は半数以下になる見込み

 報道されている通り、中国では今年に入り、新型コロナの新規感染者が東北地方の吉林省などを中心に増えた。2月に入り収束傾向にあるが、1月は1日に100人を超える日もあったので、緊張感は続いている。政府は今年の春節の「帰省自粛」を広く呼び掛けており、公務員や国有企業の職員は「帰省禁止」、農村地区への帰省者に対しては、帰省日からさかのぼって7日以内のPCR検査の陰性証明と14日間の自宅観察を義務づけている。

 そうした厳しい措置の影響もあり、今年の「春運」(1月28日~3月15日までの40日間で組まれる、春節期間中の特別輸送体制)は、例年なら約30億人が移動する「民族大移動」となるところ、直近の発表では11億5200万人にまで減少すると見込まれている。例年なら、すでに混雑が始まっている各地の空港やターミナル駅は、閑散としているという。

 しかし、春節は1年に一度の中国のお正月であり、家族だんらんの場だ。この時期だけは何としても家族と過ごしたい、と思っている中国人は非常に多い。そのため、政府の「帰省自粛」があっても、11億人以上は移動をする。

 地方から中央政府への“忖度”が働いている

 この男性もそうしたひとりだが、実家がある地区は地方の省の大都市で、今年になってから新規感染者は出ていない「低リスク地区」。吉林省などの「高リスク地区」ではない。そのため、帰省の際に「陰性証明は必要ない」とされていたので、男性はほっと胸をなで下ろしていたのだが、男性によると「なぜだか分からないのですが、うちの都市でも、農村と同じく厳しい措置を求められるそうなんです」というのだ。

 男性は「他の省出身の同僚たちにも聞いてみたのですが、どうやら他の大都市も同じような状況だそうです。地方から政府への一種の“忖度”というのでしょうか。公式的な発表やニュース報道などでは、一部地域を除いて、『PCR検査の陰性証明は必要ない』とされているのに、実際は、各地方都市が自らハードルを上げ、内々に通達を出している。これは、できるだけ面倒を起こさないよう、自分たちの都市に帰省してくる人を極力減らしたい、できれば帰省するな、ということなんでしょうね……」とため息をつく。

 この男性の場合、家族に会いたい気持ちが強いので、今のところは、帰省直前にPCR検査を行い、陰性証明を取得して帰省したいと考えているが、「問題は実家がある大型マンション(団地)のゲートをくぐるときにチェックされることなんですよね……」と打ち明ける。

 管理人に逐一チェックされる中国人の暮らしぶり

 中国の大型マンションは周囲が高い鉄柵などで囲われていることが多い。1つのマンション群は2~3棟と小規模の場合もあるが、10~30棟以上もある場合もあり、小さな町のようになっている。そこは中国語で「小区」(シャオチー、住宅区画)と呼ばれており、大型の「小区」だと敷地内に公園や子ども向けの遊び場、売店、レストランまであったりする。

 男性の実家があるマンションも10棟以上ある大型のマンション群で、ゲートには数人の管理人や警備員が常駐していて、出入りする人をチェックしている。居住者は、あらかじめ支給されている入館証のようなパスをゲートで見せるようになっている。

 通常なら、ゲートは少し開いているので、毎日スーパーに行く人などは顔パスで通れる場合もあるが、来客がある場合は、事前に申請しておくか、そうでない場合は、ゲートにいる管理人から住民に確認の電話が入ることもある。自動車の入場も同様で、勝手に敷地内に入ることはできない。

 この男性も、帰省して敷地のゲートに到着した際は、住民の家族である証明が必要であるのと同時に、今回は陰性証明も見せなければ中に入れてもらえないが、その際、「○号棟の○△さんのところは、○日に上海から一人息子が帰ってきた」ことも管理人にしっかりチェックされる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus