宇宙開発のボラティリティ

NASAの火星探査ローバーが着陸 7分間の「神業」は見逃せない (1/2ページ)

鈴木喜生
鈴木喜生

着陸は2月19日(金曜)、早朝5時55分

 昨年7月に打ち上げられたNASAの火星探査ローバー「パーセヴェランス」が、2月19日(金曜)の朝5時55分(日本時間)、ついに火星地表に着陸します。

 質量1t超のローバーが地表に着陸する様子は、同日4時15分から、NASAのYouTubeチャンネルにおいて、リアルタイムで配信される予定です。見どころは、着陸シークエンス完了の速さと着陸精度の高さです。

【パーセヴェランスの火星着陸YouTubeライブ配信】

 NASAはパーセヴェランスをウォッチできる2つのWebページを公開していて、そこではパーセヴェランスが火星へ向けて航行する様子や、火星の大気圏に突入してから着陸するまでの様子が詳細に確認できます。どちらの3D動画も任意の角度、再生速度で視聴することができ、実際の着陸時にはリアルタイムでその行程が確認できます。

火星へ向かうパーセヴェランス(外部サイト)

大気圏突入から着陸まで(外部サイト)

大気圏突入から着陸まで、わずか7分間

 パーセヴェランスとほぼ同時期に、アラブ首長国連邦(UAE)の「HOPE」と、中国の「天問1号」、この2つの火星探査機が打ち上げられました。ともに2月10日、火星周回軌道へ乗ることに成功していますが、パーセヴェランスとこれら2機は、実は着陸方法などが異なります。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus