試乗スケッチ

使い勝手と走り味を突き詰めたトヨタ初のEV レクサス「UX300e」 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 操縦性や安定性にも妥協はない

 ハンドリングも鋭い。ボディ剛性が際立っている上に、ステアリング剛性も高い。そもそもフロントにエンジンという最大の重量物を持たないことでノーズの軽さを意識させられる。ステアリングの微小舵の、指先でわずかにステアした瞬間から反応が得られるのだ。スパルタンなスポーツカーのそれとは異なり、いたずらにドライバーをドキドキさせるものではないが、滲(にじ)み出るような上質なレスポンスなのだ。

 アクセルオフでは優しい回生ブレーキが主体である。エンジン車よりはちょっと強いレベルの減速Gがデフォルトで設定されている。ステアリングコラムの左右にはパドルが組み込まれており、それを操作することによって4段階まで減速Gをコントロールすることができる。マニュアル感覚のスポーティドライブも可能なのだ。できれば、惰性で流せるようなコースティングの設定も欲しかった気がするものの、減速Gが任意に選べるのはありがたい。

 そう、「UX300e」が褒められるのは、EVであることをすべてとしていないことである。EVであることを、環境性能や経済性だけを目的にしていないことだ。もちろん、前述したように航続距離は決して短くないし充電も効率的だ。日常の使い勝手を突き詰めている。だが、クルマとして欠かせない操縦性や安定性や、あるいは運転する爽快感といった大切な要件にも妥協なく手が及んでいることに感動したのである。

 レクサスは2019年に電動化ビジョンを発表した。RC FやLCといったエモーショナルな内燃機関モデルを揃えていながら、一方で脱炭素化にも手を抜くことはない。ハイブリッドがありPHV(プラグインハイブリッド車)もあり、近い将来にはFCV(燃料電池自動車)を発表するに違いない。そんな適材適所の施策の一つとして「UX300e」が存在しているのだ。

 とにもかくにも、上質な走り味を備えた「UX300e」からしばらく目が離せそうにない。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus