趣味・レジャー

グラミー賞の小川慶太さん MISIAさんの録音にも参加

 小川慶太(けいた)さんは、昭和57年生まれ、長崎県佐世保市出身。15歳でドラム演奏を始め、神戸、東京をへて平成17年に渡米。バークリー音楽学院でパーカッションを学び、世界的なチェロ奏者、ヨーヨー・マさんやマリア・シュナイダージャズオーケストラなど多彩な分野の音楽家たちと共演するようになった。

 現在は米ニューヨークを拠点に、ジャズバンド、スナーキー・パピーやギタリスト、チャーリー・ハンターのトリオなどでパーカッション奏者やドラム奏者として活躍している。スナーキー・パピーの一員としては、2017年に続いて2度目のグラミー賞を受賞となる。

 世界を活躍の舞台とする一方、トランペットの黒田卓也さんら海外で活躍する日本人ジャズ演奏家で結成したバンド、J-Squadの一員でもあり、歌手のMISIA(ミーシャ)さんや原田知世さんの作品の録音にも参加するなど日本でも活動。平成29年には、佐世保観光名誉大使に就任している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus