ヘルスケア

結婚式場で59人食中毒 四日市、ノロウイルス検出

 三重県四日市市は4日、同市の結婚式場「ラ・セーヌ・マリアージュ四日市」で提供された料理を食べた59人が、下痢や嘔吐、発熱など食中毒の症状を訴え、このうち調理した従業員2人を含む36人からノロウイルスを検出したと発表した。2人が入院したが、全員が快方に向かっているという。

 市保健所は4日から営業禁止処分とした。

 59人を含む2グループ計70人が、3月28日に開かれた結婚披露宴にそれぞれ出席。フォアグラやマダイなどを使ったフランス料理のコースを食べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus