クルマ三昧

鍛え上げられたスバルBRZ 期待に応える絶対的な速さと安全性能 (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 右足の動きに忠実に反応

 トヨタ86とスバルBRZの兄弟車が、揃ってモデルチェンジされた。今秋の発売を予定している。プロトタイプとはいうものの、ほぼ完成車を撮影することに成功した。

 BRZはすでにアメリカでのお披露目を終えており、86の完成を待っての同時発表。試乗記は今後に譲ることにして、都内某撮影スタジオに潜入。入手した資料からの情報を報告する。

 内外観を観察する限り、キープコンセプトであることは明らかだ。全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mm。現行型とのサイズ拡大はわずかであり、ホイールベースやトレッドの数値にもほとんど変化はない。低重心であり、ショートホイールベース&ワイドトレッドのスクエアディメンションも踏襲されているのだ。

 そこから想像するに、コーナリング性能の熟成に手が加えられている。クイックでシャープなハンドリングを披露するであろうことが想像できる。ルーフやフロントフェンダーは軽量なアルミ材であり、マフラーなどの軽量化も進んでいるという。ボディのねじり剛性は50%も引き上げられているという。タイヤサイズも215/40R18インチまで拡大されており、高い走りの性能が期待できる。

 だが、フルモデルチェンジ最大のトピックは、シャシー性能の熟成ではない。エンジン排気量が2リッターから2.4リッターに拡大されたことに期待が集まるのだ。スバル伝家の宝刀、水平対向4気筒直噴エンジンを搭載。ストロークをそのままにボアを拡大することで、排気量を大幅に高めたのだ。最高出力は235ps、最大トルクは250Nmに達した。

 これまで、旋回性能は優れていても、動力性能には物足りないという意見も少なくなかった。限られたパワーを精一杯叩きつけて走らせるのが86&BRZの楽しさでもあり、絶対的な速さを求めるユーザーの期待に応えた形だ。0-100m加速は7.4秒から6.3秒まで鍛え上げられているという。

 動力性能の不足分をターボ化に求めるユーザーも少なくはなかったが、右足の動きに忠実に反応する鋭さも86&BRZの魅力であることから、今回はターボチャージャーに助けを借りることなくNAのままでの排気量アップである。

 排気量アップによる重量増の変化も少ない。ボアを拡大することでの排気量アップを選択したことで、エンジンユニットそのものの肥大化はほとんどされずに済んだ。車両総重量は1270kgに抑えられている。おそらく前後重量配分も整っているであろう。パワーアップの代償はないのではないかと思われる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus