ヘルスケア

「東京来ないで」は「必要なメッセージ」と小池氏

 東京都の小池百合子知事は16日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染防止策として、エッセンシャルワーカーを除く都外在住者に都内への来訪を控えるよう求めた意図を「人流を抑えるためには、強いけれども必要なメッセージだ」などと説明した。

 小池氏は都内で増加傾向の「N501Y」と呼ばれる感染力の強い変異株が、先行して流行した関西圏で感染者が急増したことを踏まえ、強い呼び掛けを「予防的にすべきだと当然思う」と指摘。会社の業務や大学の授業などについても「状況が刻々と変わっており、必要な対策を講じていただきたい」と求めた。

 また、政府がまん延防止等重点措置の新たな対象とした埼玉、千葉、神奈川3県の知事とは同日午後7時からテレビ会議を実施。「緊密に連携を図り、感染拡大の防止に取り組む。期限の5月11日まで集中して取り組むことが不可欠だ」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus