ライフ

未明の被災地に広がる祈り 熊本、2度目の激震から5年

 熊本、大分両県で災害関連死を含め計276人が犠牲になった熊本地震は16日、2度目の激震「本震」の発生から5年を迎えた。「いち早い復興を」。被害の大きかった熊本・阿蘇地域や益城(ましき)町では、住民らが午前1時25分の発生時刻に祈りをささげた。

 熊本県南阿蘇村の黒川地区では、東海大農学部に通う学生3人がアパートの倒壊で亡くなった。冷たい風が吹き付ける中、午前0時すぎ、卒業生の橋村さくらさん(26)が在学生8人と共に現場のアパート跡地を訪れ、静かに手を合わせた。橋村さんは「どうすれば彼らが生きられたのか、考えてほしい」と後輩に語り掛けた。

 今も被災者152人(3月末現在)が身を寄せる同県益城町の木山仮設団地でも、竹灯籠にともされた明かりが集まった十数人を包んだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus