クルマ三昧

カーボンニュートラルで加速するEV化 国の補助金政策の“陰と陽” (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 加速するEV政策

 地球温暖化を防ぐ施策の一つとして、世界はカーボンニュートラル(脱炭素)に舵を切った。それに呼応して、多くの自動車メーカーが電気自動車(EV)モデルを発表している。過剰なEV化にはさまざまな問題が含まれてはいるものの、まずはEVラインナップを推し進めることで、環境対策を進めようとしているのだ。

 例えばEV化に積極的な日産は、2030年早期より主要な市場に投入するニューモデルを全て電動車にするという目標を発表した。2050年までに生産から廃棄までの事業活動すべてでカーボンニュートラルを目指すと宣言している。ちなみにここでいう電動車とは純然たるEVではなく、ハイブリッドを含む電動がらみのクルマも含まれる。

 政府も自動車メーカーのEV化を後押ししている2035年までのEV購入費の補助金を最大80万円まで増額したことに加え、東京都も補助金を45万円まで増額すると発表。直接的な優遇措置だけでなく、災害時などに威力を発揮するEVからの電力供給への補助金も強化。すでに展開している「CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金」(外部給電機の購入)に加え、さらに2つの補助金を設定したのである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus