趣味・レジャー

春の「連ドラ」レビュー GWのおうち時間 「配信」で追っかけ容易に (1/2ページ)

 新型コロナウイルス禍で東京など4都府県で緊急事態宣言が発出され、遠出もしにくい大型連休を迎えている。自宅で楽しむエンターテインメントの王様はやはりテレビだろう。地上波各局で主にゴールデンタイムに放送されている連続ドラマをレビューする(放送日時は在京キー局)。

 コロナ禍が長引く中で連続ドラマはよく見られており、昨年の年間総合視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でも、上位15位までにドラマ作品は6本もランクイン。過去の名作ドラマが多く再放送されたことで、ドラマの面白さが再確認されたとの見方もある。

 4月スタートのドラマはまだ始まったばかり。大型連休にこれまでの放送分を一気に見て、追いつくことも簡単だ。NHK大河ドラマをはじめとする歴史もののほか、受験や教育、青春時代の群像劇、離婚後の生活…など、最新の世相を取り入れた幅広いラインアップ。年代を問わず、楽しいドラマが見つかるはずだ。

 テレビで放送が終了した番組の多くは放映から1週間程度、インターネットのサービスで無料で見ることができる。NHKは「NHKプラス」(受信契約者対象で申し込み手続きが必要)、民放なら「TVer(ティーバー)」で見逃し配信を行っている。

 いずれも、ネット上のページを閲覧するブラウザ(マイクロソフトのエッジやグーグルのクロームなど)で見られる。スマートフォンやタブレットの場合は、専用アプリでも楽しめる。

 さらに過去の番組を見たい場合は、Hulu(フールー)やTELASA(テラサ)、Paravi(パラビ)、FOD、NHKオンデマンドなど有料サービスの出番となる。視聴したい番組が提供されているか、しっかり確認してほしい。

フジテレビ系「大豆田とわ子と三人の元夫」 火曜午後9時

 坂元裕二脚本で、大豆田とわ子(松たか子)とその元夫である田中八作(はっさく)=松田龍平、佐藤鹿太郎(かたろう)=角田晃広(かくた・あきひろ)、中村慎森(しんしん)=岡田将生=らによる軽妙洒脱な会話劇が繰り広げられる。

 慎森の理屈っぽさや、鹿太郎の器の小ささ、そして何もしなくてもモテる八作と、それぞれのキャラを、各演者がいかんなく体現。そして、離婚してもなお、とわ子が大好きな3人によるバトル、特に鹿太郎と慎森の言葉のやり取りに、思わず笑わされたり、納得させられたり。

 それでも、八作には親友の彼女である三ツ屋早良(石橋静河)、鹿太郎には撮影で出会った女優の古木美怜(瀧内公美)、慎森には公園で出会った小谷翼(石橋菜津美)と、それぞれ形は違えど新たな恋が生まれつつあり、そこでしどろもどろになったり、困惑させられたりする3人の元夫の姿もこれまたほほえましい。

 一方のとわ子は、また新しい恋が生まれるのか。“四者四様”の恋の行方を、絶妙な脚本で楽しみたい。

NHK 大河ドラマ「青天を衝(つ)け」 日曜午後8時ほか

 「日本資本主義の父」と称される実業家、渋沢栄一(吉沢亮)の生涯を描く大河ドラマは、激動の季節を迎えている。物語はこれまで、栄一が暮らす武蔵国血洗島(ちあらじじま)村(現在の埼玉県深谷市)のパートと、江戸城内などが舞台となる江戸パートを行き来しながら進行。

 時代は切迫し、栄一も尊王攘夷の思想に飛び込んでいく。養蚕(ようさん)と染料となる藍玉(あいだま)作りを手掛ける農家の長男として生まれた栄一の人生が、いよいよ幕末の志士や一橋慶喜(草●(=弓へんに剪)剛)らと激しく交錯していくのだ。

 イケメンなだけではない、熱い意志と行動力を感じさせる吉沢。高良(こうら)健吾、満島真之介らが脇を固める。栄一の妻、千代(橋本愛)の静かで芯の強そうな魅力も話題だ。

 価値観の一大転換期を描く劇中と、コロナ禍の現在が地続きであることを意識させられる。後に500もの企業を育てる栄一は、時代の激流に翻弄されながらも決して自分を失わない。令和時代に通じる生き方のヒントがそこにあるか、楽しみながら確かめたい。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus