ライフ

介護、説明できぬ苦しみ 中高時代に母を支えたヤングケアラー

 病気や障害のある家族の介護などにあたる18歳未満の「ヤングケアラー」。当事者の子供自身が状況を明かさないなど、表面化しにくい上、家庭内の問題ともとらえられがち。国は今月中に支援策を打ち出すが、教育や福祉の垣根を越えた対応が必要だ。(三宅陽子、福田涼太郎)

 自助グループ代表、坂本拓さんのケースは…

 強く優しかった母が精神のバランスを崩したのは、坂本拓さん(30)=横浜市=が中学2年の頃だった。再婚相手の義父と口論が絶えず、リストカットを図ってからは仕事にも行けなくなり、家に籠もることが増えた。義父は仕事で夜遅く帰宅し、4歳年上の姉も関わろうとしない。見て見ぬふりはできなかった。

 学校から帰れば、うつろな目で座る母の姿がある。表情から心の状態を察して声をかけると、涙を浮かべ、ポツリポツリと語り始める。人間関係の悩み、お金の不安…。過呼吸に陥る手を握り締め、ときには深夜まで、励まし、介抱しながら日々をやり過ごした。

 誰にも話さず、学校では平静さを装ったが、部活を終えると帰路を急いだ。就寝時間以外、母の顔色を気にして暮らしていた。

 「鬱(うつ)病」と「パニック障害」という病名を母から告げられたのは高校2年の頃だった。自動車の整備士になりたいと思っていたが、卒業後は母の助けになりたいと祖母に学費を借り、精神保健福祉士の専門学校へ。精神障害者の支援施設で働き始めて1年目を迎えた頃、転機が訪れた。

 母と義父の離婚が決まり、援助金が途絶えた。義父も姉もすでに家を出ており、自宅のローンがのしかかった。家でも職場でも介護に明け暮れ、自由な時間もお金もない。そこまで背負わなければいけないのか-。恐ろしくなった。

 「別々に暮らしたい」。何年ぶりかにぶつけた本音。すがりつかれると思っていた。だが、母は「あなたの人生を歩んで」「応援したい」と言ってくれた。

 家を出てから、家族の距離感に変化が生まれた。姉が母の元を頻繁に訪れて報告をくれ、外にも連れ出してくれるようになった。親との向き合い方に悩んできたのは、自分一人ではなかったのかもしれない。

 「ヤングケアラー」。当時そんな意識はなく、目の前のことを必死にこなしていた。「誰かに相談できていたらと思うことはあるが、何が苦しくて、どう助けてほしいのか説明することはできなかった」。そんな言葉にならない思いを抱えた子供は少なくない。

 精神疾患の親を持つ人らでつくる自助グループ「こどもぴあ」の代表を務め、当事者らが語り合える場所づくりなどに力を入れる。

 「家族のことは、他人が評価できるものではない。『もっとこうしておけばよかったね』でなく、『悩み抜いて最善と思える選択をしてきたんだね』と受け止めてもらえる。そんな場があるだけで救われる思いがある」と感じている。

 「学校ができることに限界」

 「ヤングケアラー」をめぐっては生徒に自覚がないケースも多く、学校側の把握や対応の難しさが指摘されている。子供の置かれた状況に応じた細やかな支援が必要な上、家庭の問題が絡むため、教育関係者には「学校ができることには限界がある」との声がある。

 「家庭の手伝いをしているだけでヤングケアラーだと認識していない子供が多い。教員側が気付いていながら、家庭の問題なので保護者に聞けないケースもある」。横浜市教委の担当者は学校側の実態把握の難しさをこう説明する。

 国による今回の調査に回答した公立中754校、全日制高249校で「(在校生に)ヤングケアラーと思われる子供がいる」と答えたのは、中高とも全体の5割弱。一方、生徒側の回答では1クラスに1~2人の割合で「世話をしている家族がいる」と答えた。

 学校と子供の認識には差があり、正確な実態把握は困難だ。生徒が周囲への相談をあきらめていたり、嫌がったりするケースがあるほか、教員側の認識が不足しているという実情もあるとされる。

 学習面の支援も一筋縄ではいかない。文部科学省などによると、ヤングケアラーに特化した仕組みはなく、不登校や貧困など従来の枠組みで対応している。

 根本的な解決には、背景にある家庭の問題を解決することが必要との見方が強い。都教委の担当者は「ヤングケアラー向けの支援策といっても、一律の仕組みで解決できるものではない」と指摘。福祉関係機関と速やかに連携しているという。

 日本福祉大の鈴木庸裕(のぶひろ)教授(学校福祉論)は「学校が全ての問題を解決しないといけないと考える必要はなく、福祉機関と分担してサポートをすべきだ。ただ、生徒が自ら困難を乗り越える力を育てるのは『教育』であって『福祉』の力ではない。そのことを念頭に対話を重ね、子供に寄り添う姿勢が大切」としている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus