教育・子育て

27日に2年ぶりの「全国学力テスト」実施、208万人参加予定

 小学6年と中学3年を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が27日に行われる。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校のため中止となっており、2年ぶりの実施。国公立全校と私立の46・7%が参加し、計2万9062校の児童・生徒計約208万2千人が受ける。結果の公表は8月の予定。

 今回のテスト教科は、国語と算数・数学。子供たちの生活習慣や学習環境について質問調査も予定している。3年に1度の保護者に対する調査なども昨年中止となったため、今回に繰り越して実施する。

 昨年の一斉休校では、都市部を中心に休校が約3カ月間の長期に及ぶケースも目立った。その間、オンライン授業や自宅学習が行われたものの、授業の遅れなどが問題化した。今回の学力テストでは、異例の環境変化が子供の学力差に及ぼした影響が注目される。

 今回は実施日を例年の4月から1カ月ほど繰り下げているため、遠足や修学旅行などの行事と重なり、小学校45校、中学校168校が後日にテストを受けることになった。これらの学校は集計からは除外されるが、採点や調査結果の提供は行われる。コロナ禍で参加校の減少が懸念されたが、文科省は「影響はみられなかった」としている。

 学力テストは、文科省が平成19年度から実施。結果は都道府県や政令市単位で公表される。実施日の繰り下げに伴い、結果の公表は例年の7月から遅れて8月となる見通し。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus