教育・子育て

子供の「発熱」前日に予測 体温センサー活用しデータ解析

 子供の発熱を前日にお知らせ-。保育施設を運営するグローバルブリッヂホールディングス(gbHD、東京都墨田区、貞松成社長)はおむつに着けたセンサーで、乳幼児の体調不良の可能性を知らせる「発熱予測アラート」の提供を始めた。同社は、保育士から保護者に発熱の予兆を伝えることで、仕事の予定を調整するなど早めの対応できるとしている。

 センサーには腹部の皮膚温度を計測、記録する機能があり、この推移と園児の病欠データを解析して翌日に体調を崩す可能性を予測する。

 gbHDが運営する認可保育園で、2歳以下の乳幼児の皮膚体温データ約3千件分を解析したところ、発熱などの体調不良で登園できなかったケースの約7割で、前日の温度推移から、体調不良の可能性を伝えられたという。

 この仕組みは同社のグループ会社「CHaiLD(チャイルド)」が運用するICT(情報通信技術)を使った保育支援システム(CCS)の一環。乳幼児が睡眠中に突然死する乳幼児突然死症候群(SIDS)が起こりやすいとされるうつぶせ寝防止のために開発したCCSセンサーの新機能として利用される。発熱予測アラートの利用にはCCSの導入が必要となる。

 CCSセンサーは、昼寝中の園児の体の向きを自動的に検知し、うつぶせになった場合、保育士に知らせると同時に、5~10分間隔で求められている体の向きや呼吸を記録し、業務負担の軽減を図る。センサーの価格は3万円で他にシステム使用料が1人月1200円かかる。

 貞松社長は「園児の体調管理は保育施設で最も重要。ベテランなら、具合が悪くなる兆候がわかるが、多くを占める若い保育士には難しい。コロナ禍の今こそ、データを生かすツールを活用してもらえれば」としている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus