ヘルスケア

不妊治療で54%が抑鬱症状、20代の不調目立つ 国立成育医療研究センター調査

 体外受精などの高度不妊治療を受けている女性の半数以上が軽度以上の抑鬱症状を抱えていることが、国立成育医療研究センターの調査研究で判明した。

 特に、20代の若い女性でメンタルヘルスの不調や生活の質の低下傾向が目立った。研究グループは、不妊治療への保険適用など現在議論されている経済的なサポートに加えて、メンタルヘルスにおいても対象者を支援する必要があると指摘している。

 同センター研究所社会医学研究部の加藤承彦室長らの研究グループは、体外受精などの高度な不妊治療を受ける女性約500人を対象とした疫学調査のデータを利用。これから不妊治療を始める人と卵子の採取が2回までの治療初期の人に参加してもらい追跡調査した。

 今回は高度不妊治療の初期、約1年間追跡した初回の調査段階で分かったことを明らかにした。結果は、軽度以上の抑鬱症状ありと判定された調査参加者の割合は54%と半数以上。また「不安が高まっている」と判定された割合も、39%と高かった。

 また、身体的・精神的健康について12項目の質問票に自己記入してもらう調査で「健康的な生活の質」を評価した結果でも、家族や知人との付き合いなどの「社会生活機能」、仕事などの「日常役割機能」、「心の健康」などで、一般の人の平均より低い傾向がみられた。

 今後も追跡調査を続け、治療が長期化した際のメンタルヘルスや生活の質への影響や、どのような要因がストレスに寄与しているか、不妊治療の中止や終了との関連などについて明らかにしたいとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus