試乗スケッチ

レクサス初のPHEV新型「NX」誕生 電動化ビジョンが本格始動か (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

  爆発的な販売の予感

 特徴的なのはドライビングモードだ。EV走行、ハイブリッド(HV)モード、セルフチャージモードなど、目的や状況に合わせて好みのモードを選択できるのはもちろん、「オートEV/HV」モードではカーナビに目的地を設定することで、駆動用電池の残量や経路、交通状況といったデータを取り込み、高速道路などでは自動的なHVモードに切り替えたりと、エネルギーを効率よく配分する。新世代のPHEVらしい機能である。

 以上が新型NXのハイライトなのだが、実は内燃機関や駆動方式の充実も進んでいる。2.5リッターエンジンだけでなく、プラグインではないハイブリッドもラインナップしているし、駆動方式もAWDとFFが選択できる。電気モーターの力を借りない2.5リッターエンジンもカタログに加えている。そしてそれもAWDとFFを揃える。さらには2.4リッターターボエンジンも用意されている。パワーユニットの選択肢は豊富なのである。

 レクサスが電動化ビジョンを発表してから時が経つ。UXにEVが加わったことを皮切りに、いよいよ本格始動の予感がする。そしてこのNX、爆発的な販売が期待できるような雰囲気が漂っている。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus