試乗スケッチ

日産ノートに3ナンバー登場 ちょっと大人の“オーラ”をまとった新モデル (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 「3ナンバー」の意味が理解できる走り

 後輪に駆動力が加わったことから、フロントタイヤの仕事量が減った。横グリップ、つまりコーナーでの旋回が素直になった。ホイールベースの短いコンパクト系FFモデルにありがちな、ハンドルに頼り切るような粗さは薄れている。

 ただ、ノート・オーラに施した数々の改善や強化は、単に走りのパフォーマンスを引き上げることが目的ではないようだ。駆動モーターの強化は静粛性にメリットが見出される。遮音吸音材を貼り込んだこともあって、ワンランク上の静粛性を実現している。アクセルペダルを床まで踏み込み、発電用エンジンを唸らせ、耳をそばだててはじめて内燃機関の存在を意識するといった具合である。それに加えて姿勢が安定しているから、上質な走行フィールが得られるのである。

 外観からは、5ナンバーのノートとの違いはささやかなものだ。だが、ノート・オーラは税制的に負担を強いる3ナンバーである。その価値があるのか試乗をするまでは疑問だったのだが、走らせてその意味を理解した。決して派手ではないけれど、真摯な開発姿勢でコンパクトハッチを熟成していたのである。

 「ちょっとだけ大人のノート」。ノート・オーラはそんな立ち位置であろう。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus