婚活カウンセラーが導く幸せ探し

男性はやはり資格職が強い? 2020年度版「成婚白書」からわかること (1/2ページ)

鶴田奈央
鶴田奈央

 今回は私が加盟している日本結婚相談所連盟(IBJ)が発表した、成婚者8624名のデータから抽出した2020年度版の成婚白書によるデータを元に解説していきたいと思います。

■成婚しやすい職業ランキングTOP10(男性)

(1)公認会計士

(2)弁護士

(3)その他金融系職種(保険会社 等)

(4)各種コンサルタント

(5)IT関連職

(6)クリエイター・マスコミ系職種

(7)営業・企画系職種

(8)技術・研究職

(9)大学教授・准教授

(10)国家公務員

■成婚しやすい職業ランキングTOP10(女性)

(1)弁護士

(2)国家公務員

(3)物流・運輸関連職(CA等)

(4)看護師

(5)販売・小売・飲食・サービス系職種

(6)メーカー関連職

(7)各種コンサルタント

(8)資格関連職種

(9)経営者・会社役員

(10)介護・福祉関連職

 男性の方は、資格職が強いですね!

 士業は、高年収に加え資格もあるので柔軟な働き方が出来る安定感がありますよね。私も、公認会計士男性と女性医師。弁護士男性と女性医師。など、数多くのご縁を繋いでおりますので、大いに頷ける結果となりました。ITや技術職などの専門職も資格職と同じく抜群の安定感がありますね。

 金融やコンサルタントや営業職はコミュニケーション能力が高く、収入も良い職種なのでランクインされていますね。

あれ。人気があるはずの医師は?! と思った方も多いと思いますが、残念ながら成婚しやすい職業にはランクインされませんでした。

 お見合いのお申し込みは沢山入りますが、お相手に望む希望も高い傾向にあり、成婚まで進みやすい訳では無いようですね。

 女性も、士業や公務員、看護師など自立して稼げる職業がランクインしています。

 昨今は男性だけが大黒柱になるのではなく、仕事も家庭も育児も共に助け合おうと考えるカップルが増えている結果が表れていると思います。

 また、男女ともに上位は弁護士でしたが、スピード感、決断力のある方が大変多い職種です。婚活を制する者は、この2つの要素が鍵となる事が分かりますね。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus