学生から金融大国へ USIC通信

金融に興味を持った切っ掛けは? 「投資サークル」大学生が語る (2/2ページ)

■自身や社会の未来への展望は

八田:よく言われていることだけど、お金は燃料で、マーケットは経済のエンジン。エンジンを動かし続けるには燃料を投入し続けることが必要で、このエンジンこそイノベーションを引き起こす。勿論、イノベーションし続ければ、還元され、老後の生活も困らなくなる。

峰:その正のサイクルが必要だよね。

八田:(コロナ禍という社会情勢もあるが)日本には莫大な個人の預貯金や企業の内部留保がある。それをマーケットに投入したとき、日本は急成長すると思うんだよね。

峰:つまり、お金の流れを活性化するのが鍵。

佐野:お金を個人でも組織でも使わないといけないね。

八田:懸念があるとすれば、日本の平均賃金は先進国では圧倒的に低水準なこと。これは労働者に対する搾取だけではなく、他の先進国に日本が搾取されかねないことを意味している。この流れが漠然とした将来への不安につながり、政府の方針とは真逆の貯蓄志向を高めていると思う。負のスパイラル。

佐野:これから働く若者としてはつらい内容だよね。

峰:大事なのはお金の正のサイクルを作ること。個人レベルで豊かになるためだけでなく、日本の成長に投資は不可欠。そのなかで、適切に投資するためには全員が金融リテラシーを持つことが必要になる。そう考えても、USICの活動を地道にでも続けることは大切だと思う。

■コロナ禍でのキャンパスライフは…

八田:入学してから、殆どオンライン授業。その分、2年目でありながら、大学に入学したなという実感はないなぁ。

佐野:オンライン授業だと楽に思われがちだけど、出席点がない分、課題を多く出されるから大変だよね。

峰:それが、週十何コマもあって課題がきつい。結果的に、自分のしたい勉強ができてないのが現状かな。

八田:何よりも、大変なのは友達作り。友達を作るなんて、言わないでも本来、自然に出来るはずなのに、今は自分から動かないとドンドン孤立してしまう。特に上京してきた子は大変。そう考えると、コロナ禍なのに若者が外を出歩いていると言われるけど、仕方ない側面はあるかも(擁護している訳ではないが…)。

佐野:確かに、バイト先が休業になったりと金銭的にも、人間関係的にもつらい学生が周りにたくさんいる。

八田:対面授業再開にしていたのを急遽オンラインにしたり、反対も然り。何かと、この1年振り回されて疲れたかな。

峰:一部での大学ではワクチン接種(職域接種)も始まるし、そろそろこの生活も終わりが見えてきたね。皆は(ワクチンを)受ける?

佐野・八田:周りの為にも受けたいけど、副反応が怖いのも正直なところ。

八田:ワクチン接種が進んで、元のキャンパスライフに戻っても、完全にオフラインにするのではなく、オンライン・オフラインのそれぞれの利点を活かしたいところ。

皆:コロナの収束は、元の生活を取り戻すのではなく、新しい時代の幕開けとして期待したいね。

■慶應義塾大学 八田潤一郎 (はった じゅんいちろう)

法学部政治学科2年 学生投資連合USIC代表:小学生の時に株式投資を始める。ニッチな小型銘柄の長期投資が好き。最近では、FX、不動産(REIT)、仮想通貨、コモディティ、デリバティブを新たに運用しながら、毎日勉強中。金融を学ぶ「おもしろさ」、投資の「楽しさ」を多くの人に知ってほしいと願う。

■慶應義塾大学 峰慶多(みね けいた)

商学部2年 学生投資連合USIC副代表:大学入学を機に投資を始める。国内株、デリバティブ取引がメイン。現在は短期~中期取引で経験を積んでいるが、将来的には長期投資に移行したいと考えている。USICの活動を通し、学生のうちから投資を始めるメリットを広めていきたい。

■明治大学 佐野快斗(さの かいと)

文学部2年 学生投資連合USIC副代表:大学入学後、大学公認の投資サークルへの入部を機に投資を始める。日本株、米国株、為替を中心に勉強中。将来自分が大人になったときに、子供や投資を受ける価値のある若い世代に投資を教えることが目標。

学生投資連合USIC(がくせいとうしれんごうUSIC)
学生投資連合USIC(がくせいとうしれんごうUSIC) 全国28大学1000人以上で構成される日本最大の金融系学生団体
「日本を学生から金融大国に」というビジョンのもと「学生の金融リテラシー向上」のための活動を行う。企業団体・官公庁との勉強会開催、IRコンテストの運営、金融情報誌SPOCKの発行を行う。http://usic2008.com/

【学生から金融大国へ USIC通信】投資や金融に興味を持った切っ掛け、将来の展望やコロナ禍での学生生活の実情など、「学生投資連合USIC」に所属する各大学のサークルがリレー形式でお送りします。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus