教育・子育て

こども庁、年末に基本方針 関係省庁初会合

 加藤勝信官房長官は7日午前、子供関連施策の司令塔となるこども庁創設について「年末に向け、新たな行政組織に関する基本方針を取りまとめる」と表明した。首相官邸で開催した関係府省庁による作業部会の初会合で述べた。政府は関連法案を来年の通常国会に提出し、来年度中の発足を目指しており、準備が本格化した。

 菅義偉首相が創設に意欲を示すこども庁は、現在は各府省庁にまたがっている子供に関わる政策を一元化するのが狙い。加藤氏は「年齢による(支援の)切れ目や、省庁間の縦割りを排し、子供の視点に立った政策を包括的に推進する必要がある」と強調。同日付で加藤氏をトップとし、木原稔首相補佐官が事務局長を務める準備室を内閣官房に新設した。年末までに基本方針を策定する。厚生労働省や文部科学省などから集めた十数人が実務に当たる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus