デキる男は住まいから

梅雨どきの「名もなき家事」 たった3分のお手伝いで、妻は夫に感謝したくなる (2/2ページ)

香村薫
香村薫

名もなき家事〈3〉洗濯物の量を減らす

 梅雨の時期はお洗濯に気を揉むお母さんがとても多いです。たしかに雨が数日続くと乾きにくく、困りますよね。

 そこで、洗濯量自体を減らすために、家で使う「タオル」について考え直してみませんか?

  • バスタオルをひとまわり小さいサイズのタオルに変える
  • フェイスタオルには薄いタオルを選び、使ったあとはすぐに広げて乾かし、使うたびに洗わない工夫をする
  • 朝に顔を洗ったタオルは、洗面シンク周りを軽く掃除してから洗濯へ
  • 家族が携帯するハンドタオルをミニタオルにすることで省スペース化

 これだけでも随分と洗濯量が減りますよ。タオルを広げるのに10秒、シンク周りを拭くにしても1分もかからないと思います。

 我が家では、ハンカチだとアイロンがけする必要があるので、外出時にはタオルを持ち歩いていますが、中でも無印良品の「残反端財を使ったミニタオルセット」を愛用しています。

  • 20cm×20cmという絶妙なサイズで胸ポケットや子供の小さなポケットにも入る
  • 6枚で499円(1枚あたり83円)とコストパフォーマンスがいい
  • 普通のハンカチと比べ吸水性が高い

 先ほど触れたように、ハンドタオルよりも小さいミニタオルは省スペース化にも貢献してくれます!

 今回は、少し手をかけるだけでお母さんの負担がグッとラクになる「梅雨時期の名もなき家事」のポイントを3つご紹介しました。これなら、お父さんでも短時間で、手軽にできそうですよね。どなたかの参考になりましたら幸いです。

香村薫(こうむら・かおる)
香村薫(こうむら・かおる) 片づけの専門家
ライフオーガナイザー
大学卒業後、トヨタグループ会社に入社。そこで学んだトヨタメソッドを家事に応用した「トヨタ式おうち片づけ」を提案。片づけサポート業務「ミニマライフ」を起業。全国での講演活動、個人宅での片づけサポートを行う。著書に「トヨタ式おうち片づけ」「トヨタ式超ラク家事」(ともに実務教育出版)「トヨタ式家事シェア」(主婦の友社)がある。NHKをはじめTVや新聞・雑誌などメディア出演多数。

【デキる男は住まいから】は株式会社ミニマライフ代表取締役で、ライフオーガナイザーの香村薫さんが、トヨタ自動車のグループ会社で学んだメソッドを家事に応用し、ビジネスパーソンが今すぐ実践できる「家事シェア」のノウハウなどを伝授するコラムです。更新は原則隔週月曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus