ライフ

台風8号、宮城県上陸 豪雨災害に警戒

 台風8号は東北の太平洋沿岸を北上し、28日午前6時前、宮城県石巻市付近に上陸した。東北を横断して日本海に進み、夜には温帯低気圧に変わる見通し。気象庁は東北を中心に豪雨による土砂災害や浸水、川の増水・氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 台風の日本上陸は2019年10月の台風19号以来、約1年9カ月ぶり。台風が東北の太平洋側に台風が最初に上陸するのは1951年の統計開始以来2例目で、宮城県への上陸は初めて。

 気象庁によると、台風周辺の発達した雨雲の影響で28日午前、伊豆諸島の東京都大島町では1時間に49・0ミリの激しい雨が降った。また、宮城県女川町では最大瞬間風速19・9メートルのやや強い風が観測された。29日朝までの24時間予想雨量は多い所で東北100ミリ、関東甲信と北陸80ミリ。東北で28日に予想される最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。波の高さは6メートル。

 台風8号は28日午前6時現在、石巻市付近を時速約30キロで北北西へ進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus