ヘルスケア

コロナ出口戦略、大阪府が7月中策定見送り 知事「感染落ち着いてから」

 大阪府の吉村洋文知事は28日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種状況に応じて社会経済活動を段階的に再開する「出口戦略」のロードマップ(行程表)について、目標とする今月中の策定を見送る考えを明らかにした。現在は感染が拡大傾向にあるとして「感染の山が下り坂になって落ち着いてから発表したい」と述べた。

 行程表は、ワクチン接種が進めば病床逼迫(ひっぱく)のリスクが低下することを前提としている。15日に行った感染症の専門家らとの意見交換では、接種完了者の数や、自粛要請の基準「大阪モデル」に基づく病床使用率を指標とし、事業者への休業や営業時間短縮の要請などを段階的に緩和する考え方を示した。専門家の意見を踏まえて成案化する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus