ライフ

東日本、東北で大気不安定 大雨や河川増水に警戒を

 上空の寒気や暖かく湿った空気の影響で、東日本と東北地方では大気の状態が不安定となっている。気象庁は30日、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるとして、河川の増水や氾濫、落雷や竜巻などに警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、東日本から北日本の上空約6000メートルに氷点下6度以下の寒気が流入、日本海の低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んでいる。日中の昇温の影響もあり、東日本と東北地方では大気が不安定となり、関東甲信地方では非常に不安定となる見込み。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川増水や氾濫に警戒が必要で降ひょうの恐れもあるとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus